野菜や果物で作るドリンク

基本の作り方

飲料

スムージーとは、凍らせた野菜や果物を使って作る、シャーベット状の飲み物のことです。フローズンドリンクがクラッシュアイスを作って作るのに対して、スムージーは材料そのものを凍らせて作ることが特徴です。基本的な作り方は、まず野菜や果物を小さくカットして、冷凍庫で凍らせます。次に、凍らせた材料を、ミキサーまたはブレンダーでかき混ぜたら完成です。お好みで、ハチミツやガムシロップで甘味を付けたり、牛乳やヨーグルトを入れても構いません。スムージーにはさまざまなレシピがあります。中でも、新鮮な生の葉野菜をたっぷり使って作るグリーンスムージーは、美容や健康さらにはダイエットにも効果があるとして注目を集めています。

毎日の習慣にすると効果的

グリーンスムージーは葉野菜をたくさん使うので、普段の食事で不足しがちな野菜を摂取することができます。生のままなので、調理すると失われてしまうビタミン類や酵素などの栄養素もまるごと吸収することが可能です。さらに、食物繊維も含まれているので、整腸作用もあります。スムージーを手作りする場合は、作ったらすぐ飲むことが効果的です。栄養素は空気に触れると酸化して変質してしまいます。また、スムージーは毎日の習慣として飲むとより効果的です。忙しくて毎日手作りするのが難しい時は、市販のスムージーを利用する方法もあります。たくさんの野菜や果物を手軽に摂ることができるスムージーの人気は、幅広い世代に広がっています。